妊娠したらコーヒーや紅茶をあまり飲むものではないと言われますよね。でも私は毎日3~4杯のコーヒーを飲んでいました。妊娠したら急に飲んではダメと言われてもなかなか止められるものではありません。

カフェインがあまり良くないことは分かっているのですが、食後のコーヒーは大切なひと時だったので、その大切な時間が無くなるとなると余計なストレスを感じてしまいます。

スポンサードリンク

カフェインレスのコーヒーを飲んだのですが、何か物足りなさを感じてしまいました。

コーヒー産婦人科の医師に検診時に相談すると「全くコーヒーを断つことは逆に大きなストレスを感じるでしょう」と。
「カフェインは、過剰摂取をしなければ、直接胎児の発育や、流早産など妊娠に影響する可能性は少なく、少量であれば許容範囲」だと言われたので、1日3杯のコーヒーは多すぎると思い、1日1杯にしました。

ただし、両親や友人たちの前で飲むとコーヒーはダメ!と言われて取り上げられてしまうので。夕食の後に一人でゆっくりとコーヒーを楽しんでいました。

誰にも邪魔されずにゆっくりとコーヒーを楽しめる時間はリラックスできましたし、妊婦生活におけるストレス解消にもつながっていたと思っています。

生の魚も食べないほうがいいと言いますよね。私はお刺身が苦手なので生魚が食べられなくても平気でしたが、生魚好きな人にすればストレスになりますよね。刺身なども頻繁に食べなければ大丈夫のようですね。
2週間に1度程度なら母体や赤ちゃんに悪い影響を与えることもないと聞きます。

ただし、生肉はだめらしいですよ。
お肉はしっかりと火を通したほうがいいようです。赤ちゃんのために多少の我慢は必要ですね。

我慢することで余計なストレスを抱えることのほうが悪いですので、上手に好きなものを食べてストレス解消につなげたいですね。

ショッピングも思うようにできない、食べたいものも食べれないでは、楽しい妊婦生活が送れなくなってしまいますから。

けみちゃさん(出産時年齢26歳)