喫煙する女性
妊娠に気づいたら、タバコは止めましょう!

言われるまでもないと思いますが、喫煙をすることで血管が収縮し、胎盤の機能が低下します。
結果として、

  • 流産、早産の危険性が増す
  • 発育遅延、未熟児となる恐れ

など様々なリスクを伴います。

スポンサードリンク

タバコの煙いまタバコを吸われる方は、想像してみて下さい。

もし、今後1回でもタバコを吸って、生まれてきた赤ちゃんに問題があったら?
もし、無事に生まれてこなかったら?

直接的な原因は、もしかしたらタバコでないかもしれません。

それでも、こう考えてしまうのではないでしょうか?

「私がタバコを吸わなかったら、無事に生まれてくれたかもしれないのに・・・」

 

このように、ずっと苦しい思いをすることになります。

仮に、近くに「タバコを吸っていても大丈夫だった」という知り合いがいたとしても、

「私も大丈夫かも」

と思わないでください。

なぜならタバコが胎児に悪影響を与えるリスクを高めることは間違いなく、かつ子供が無事に生まれない確率も無視できないほど高いからです。

いいきっかけだと思って、すぐに止めましょう。

禁煙のコツ


灰皿私たち夫婦は、もともと喫煙者でしたが、何年も前に「二人同時に」止めました。

旦那さんも吸っているようでしたら、ふたり一緒に止めてしまいましょう。
子供に悪影響を与えるリスクがあることをお互いに話し合いましょう。

夫婦同時に禁煙する

二人同時に止めるメリットは、

万が一、1本でもタバコに火をつけたとき、自分だけでなく、相手も裏切ったという後ろめたさがあるため、禁煙しやすいのです。

タバコを止めてみるとよくわかりますが、今まで気づかなかった喫煙者の臭いに敏感になります。
仮に相手が吸ってしまった場合、服や髪に臭いが残りますので、すぐにバレますよ。

禁煙本で暗示をかける

自己暗示をかけるのも有効な方法です。

私たちパンダ夫婦が禁煙に成功したきっかけは、禁煙セラピーという本です。

この本は、タバコの害についてや、タバコを吸っていると落ち着くと「錯覚させられていること」などをわかりやすく説明しているのですが、いつの間にか、タバコに対する拒否反応が出てきます。

人によって評価は様々ですが、私たちは素直なのか単純なのか(笑)、禁煙することができました。

その他の禁煙方法

一日中、タバコのことを考えているわけではありません。

タバコを吸いたい欲求が出てきたときに、乗り切ってしまえば大丈夫です。
徐々に吸いたいと思う回数も減ってきます。

タバコはニコチンの影響というよりは、習慣の問題ですから、今までタバコを吸っていたタイミングで、別のことを行って気持ちをリフレッシュさせることが重要になります。

  • 歯を磨く
  • シャワーを浴びる
  • 散歩する
  • ガムをかむ
  • ストレッチをする

試してみてください。

ただし、いままで、コーヒーや紅茶を飲みながらタバコを吸っていた人は、コーヒーを飲むことでタバコを連想するかもしれません。なにせそういう”習慣”なので。

タバコを吸いながら行っていたことは、気分転換になりませんので注意してください。