腹帯妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日。

世間では岩田帯を巻いて、帯祝いをするのだ、との情報を得たのですが、調べてみると、

・岩田帯を巻く、帯祝いの風習
・戌の日にあやかり、安産を祈願する風習

があって、帯を巻いて祈願するのか、祈願してから帯をもらうなり買うなりして、あとで巻くのか、単に帯を妊婦の実家から贈ることを帯祝いというのか、

いろいろなことが書いてあって、混乱してしまいました・・・。
地域の風習で違いがあるのか。

スポンサードリンク

パンダマとしては、

・実家から帯を贈られる予定はない
・自分で実用的かつカッコいい帯を買って巻きたい
・それはそれとして、神社でも岩田帯をもらいたい

ということだったので、デパートで実用的な帯を買い、二人で祈願だけ行くことに。
食事会といったイベントは特にしませんでした。

ワコールの腹帯5ヶ月になったばかりですと、まだまだ妊婦帯の必要性は感じていなかったようですが、この時買った帯(腹巻)は、妊娠中期から後期にかけて、重宝しました。

重力で引っ張られるおなかを下から支えるようにサポートしてくれるのですね。

5ヶ月目、というのも、なるほど意味があるわけです。

この帯祝いというイベントに乗っかって、腹巻を買っておくと良いと思いますよ。

パンダマが買ったのは、ワコールの腹帯(腹巻タイプ)
こんな商品です。

最初は、サイズがわからないと思いますので、お店で買うのが無難です。
ネットの方が安いので、2枚目はネットで購入するのも良いかと思いますが。

神社で安産祈願


神社は、「祈願すれば岩田帯をくれる」という条件だけ確認し(ここは譲れないらしい)、地元の大きな神社に決めました。

この神社では、初詣で妊娠の祈願もしていたので、御礼参りも兼ねて、安産祈願に行ってまいりました。

安産祈願は、戌の日に限らず、毎日できるようです。
商売繁盛や無病息災といった他の祈願の方と一緒に祈願してもらいましたが、戌の日だけに、妊婦さんが多かった気がします。

腹帯さて神社でいただいた岩田帯。

帰宅してから巻いてみたのですが、やはり毎日巻くものとしては、不便なので現実的ではありません。

とはいえ、妊婦さんとしての気持ちが盛り上がりますし、なんだかめでたい気分になりました 笑