腰痛で起き上がれない妊婦


私は3人目を妊娠した時、ひどい腰痛に悩まされました。

腰痛がつらく感じ始めたのは、妊娠5ヶ月目ぐらいの時でした。一人目も二人目もそんなことはなかったので、ほかの人が腰痛があるということを聞いても自分は大丈夫と思っていました。しかし3人目の妊娠時は30代も後半で、体力もなくなってくるし筋力も弱くなっていたためか、腰痛が見られるようになりました。
妊娠中・産後の腰痛にオススメのマットレスは?

 

朝起きあがる時の腰痛が辛い


私の場合、起き上がった時が一番、腰痛が辛かったです。急に起き上がることはないように気をつけていたのですが、朝起きた時等に腰痛があるのでとても困りました。また夜にふとした時に起き上がる時も、腰の痛みがありました。腰がごきっとなるような感じではないですが明らかにとても痛みます。そのため、ヘルニアになったのかと心配することもありましたが医師にきいてみると、大体お腹が大きくなる妊娠5ヶ月頃から起きることが多くなるようです。そんな事から、我慢をしないといけないのかとうんざりなることもあったのです。

腰が痛いのは、とても辛いです。もしかしたらそのままごきっとなって起き上がることができなくなったらどうしようと、そんな恐怖がありました。そのため、起き上がるときは特に注意をしていました。

そして妊娠7ヶ月頃になると、ますますその腰の痛みがひどくなり、どうしたらいいのか真剣に悩むようになったのです。そこで同じ職場の人達や友人に相談をしたり本を読んだりして調べてみました。起き上がる時に腰痛がひどかったため、寝ている姿勢をサポートするためにマットレスを変えたらいいのでは?そんなアドバイスを受けることができました。

高反発マットレスの効果で腰痛が改善

そこで、今まで腰とお腹の重みでくぼみが激しくなるマットレスをかえて、高反発のマットレスにすることにしたのです。最初はそんなに変化がありませんでしたが、使っていると起き上がるのがとても楽になったのです。こんなマットレスを変える事だけで、こんなに変わるのかとびっくりしたほどです。そしてしばらく使うと、全く腰の痛みがなくなり、本当に嬉しかったですね。

腰痛が劇的に改善された理由としては、腰が寝る時に変に曲がっていたと思うのです。高反発のマットで寝ることにより、骨盤と腰椎、背骨が曲がらずに保てるため、妊娠前のような自然な体勢が維持できたのではないかと思います。また寝る時にできるだけ横になっていて、仰臥位で寝ていないこともよかったと感じます。仰臥位ではお腹の重さがそのまま腰にきますし、赤ちゃんにも負担がかかりそうなので、横向きに寝るように心がけていました。

いま腰痛に苦しんでいる妊婦さんは、腰が沈みにくい専用のマットレスに変えてみるといいかもしれません。

(出産時38歳 ゆう)