妊婦さんの便秘私が便秘で苦しんだのは、妊娠6ヶ月ぐらいの時です。普段から便秘気味だったのでこんなものかと思っていたのですが、つわりの時も、便秘の影響もあって余計にひどかったと、後から思いました。調べてみるとつわり以外にも、便秘というのはいろいろな症状を引き起こすことがあるので妊娠中も要注意だそうです。

妊娠中に便秘になると、なんとなくもやもやしてイライラすることがありました。お腹が大きくなるにつれて自由が取られてしまうと思ったりすることが原因かもしれませんが、スッキリしない便秘によるストレスも大きいと思います。

またお腹が時々はるということもあったのですが、そのことも便秘が関係しているようでした。気分が冴えないことや、お腹がはるなどのはとても辛いので、便秘を改善させることにしました。
友人や医師に相談をすると、食事に注意をするようにと言われることが多かったです。

まず行ったのは、なんといっても食生活の改善です。つわりの時には、食事量自体が少なかったので便秘になっていたのは仕方がないと思うこともあります。その時は、無理をして食べることができませんでした。しかし妊娠6ヶ月目ぐらいになるとどんどん食べることができるようになったので、その頃から改善させることにしました。

なんといっても重要なのは、食物繊維を取ることなんですね。妊娠をするまでは、そんなに食事について食物繊維を多く取るなど意識したことがなかったのです。恥ずかしい話ですが、便秘がひどくなった時には薬を飲んで改善させていました。妊娠する前に、そのように食事で食物繊維を取ることを注意していいたらよかったと、反省しました。

食事としては、野菜を中心として栄養素、特にビタミン、ミネラル類をバランスよく盛り込むようにしたのです。食事を改善してからすぐに便秘も楽なりました。その後は、お腹がはることも少なくなり本当によかったと思っています。

便秘をすると、腹圧をそのトイレの時にかけることが多くなります。それは、とても危ないことですね。もしもそのまま経過していたらと思うと、早産等の危険性もあったと思ったりしています。便秘は、ありきたりの症状ではありますが、妊婦は特に深刻に取り組む症状の一つだと感じました。

(出産時28歳 ゆう)