妊娠初期は食欲不振で悩みました。しっかり食べないと胎児のための栄養が不足をしてしまい、胎児の成長に影響が出ないか不安です。妊娠中は太り過ぎに注意をしましょうと注意をされますが、やせ過ぎにも注意が必要です。妊娠・出産をするためには体力が必要です。そのためにはある程度の体重が必要になります。

私はもともとやせているのですが、食欲不振でさらに体重が減りました。これでは安全に出産ができるかも不安です。そこで、食欲不振のときでも食べられるように工夫をしました。栄養のことを考えてしまうのですが、食欲不振のときには栄養よりも食べられるものを食べることが大切です。
味噌汁
私が食べられるものは味噌汁でした。温かい味噌汁を飲むと体も心もほっとできます。味噌汁は具材をよく煮込みますが、煮込むことで具材が柔らかくなって食べやすくなります。小さく切っておくと食べやすくなります。人参、かぼちゃ、サツマイモなどを煮込んだ味噌汁をよく飲んでいました。ほくほくとした食材がおいしいです。

また、味噌には大豆タンパクが含まれているのでタンパク質の補給にもなります。栄養を考えて味噌汁を飲んでいたわけではありませんが、栄養もある程度摂れていたのではないかと思います。お腹が冷えると食欲不振が増すことがあるので、味噌汁は体を冷やさないという点でもよいと思います。

味噌汁にはこだわりがあります。原料は大豆、米、塩のみです。本来はこの3つで味噌を作るのですが、減塩味噌は調味料などが加えられていることがあります。使用している原料は国産ということにもこだわっています。そして、強制的に短期間で発酵させたものではなく、1年ほどじっくりと時間をかけて発酵させたものを選ぶようにしています。効率重視で短時間で発酵させた味噌とじっくりと発酵させた味噌を比べると味が全く違います。やはり、手間暇かけたものは味に違いが生まれます。おいしい味噌なので出汁をとらなくても、それだけでおいしい味噌汁が完成します。

人によっては妊娠8週目ころまで食欲不振が続くことがあるようですが、私の場合はしばらくしたら食欲不振は治まり、以前と同じように食べられるようになりました。以前と同じように食べられるようになっても、味噌汁を飲む習慣は続けています。味噌汁を飲むとほっとできるからです。

妊娠中に食欲不振で悩んでいる方はたくさんいると思いますが、無理をせずに食べられるものを食べたらよいのではないかなと思います。

(出産年齢27歳 さちよ)