貧血でしゃがみこむ妊婦

私の初めての妊娠は30歳の春でした。体調が何となく悪く生理が来ない事から妊娠が分かり、そのすぐ後にはつわりが始まってきたのです。妊娠3ヶ月目には激しい嘔吐で毎日トイレで吐き、酷い時にはトイレでそのまま寝てしまう事もありました。

一人で出かけた先での怖い体験



そうして妊娠4ヶ月を迎えたある日、体調がいつもより良かったので夏に向けて家から歩いてすぐの洋服店に一人で買い物に行って来ました。普段なら主人も一緒に買い物をするのですが、仕事で忙しくその日は一人で行けるだろうと久しぶりに外に出て一人で歩いていきました。

お店に着いてから最初は洋服や雑貨を見て楽しんでいましたが、10分程してから何となく胸焼けを感じてきました。

お昼に食べれる分を食べてきたからかもしれないと特に気にもせず買い物を続けていると、急に目眩がして思わずその場にしゃがみ込みました。急な事に驚き立ち上がろうとしましたが、見える全てがぐるぐると回っているかの様に見えて立とうとしても立てなかったのです。

レジから見えない位置だったからか店員さんにも気付かれず、私は震えた手で必死に服がかけてあるラックを掴み立ち上がりましたが目眩は酷くなる一方でついに助けを呼ぶ事にしました。

「助けて、、」そう声を出しますが店員さんには届かず、お客さんも居なかったので私はこのまま倒れてしまうのではないかと不安でたまりませんでした。声を出せば出す程に目眩も酷くなるので、こうなったら仕方ないと私はそのままその場にしゃがみ鞄に入れておいたペットボトルのお茶をなんとか一口飲んで目をつむりました。

そして20分くらい経つ頃にやっと店員さんに声をかけてもらいましたが、目をつむり休んでいたおかげで立ち上がる事が出来たので結局何も買わずに帰宅したのです。

妊娠中の貧血と目眩に、鉄分ヨーグルトで対策

家に帰り横になって急いでネットで検索してみましたが、妊娠中になりやすい貧血の様で最近まともに食べれてなかったからかそれで目眩や体のふらつきや震えなどが出たのかと思います。

元々貧血はなりやすいのですが、今にでも意識がなくなりそうになったのは初めての体験でもし近場じゃなかったらと考えただけで怖くなりました。たまたま持っていたペットボトルのお茶で少しは気分が変わったのが、本当に救いでした。

それからと言うもの、鉄分をよく取れる様にネットの口コミでも人気が高い飲む鉄分ヨーグルトを大量に購入し毎日飲む様にしました。そのおかげからか貧血で目眩を起こす事はなくなり、産後もずっと飲み続けています。

外出する際には近場であったり、体調が良いと思っても妊娠中の体調は変わりやすいので鞄には水分と身分を証明し緊急時に連絡が出来る番号を記入したメモは入れておくと安心です。

(出産時31歳 はぐちゃび)