3ヶ月目の定期健診では遺伝子検査が行われました。

朝、少量の出血跡もありました。

大事な日なので、大きな検査の覚悟で病院に行きましが、担当の先生は、検査の専門医らしく、エコーから色々な角度で赤ちゃんの大きさを検査し、遺伝検査も出血も「今の所異常はなし」とのこと。

スポンサードリンク

担当医の先生も、エコー時にはわざわざ隣の部屋から来て、立ち会ってくれました。

全てのママにあてはまることとはいえ、毎日生活に支障をきたすほどのつわりに1ヶ月以上も悩まされていたので、エコーの瞬間、動いている赤ちゃんが見えた時には「あれだけつわりがひどいんだから、元気に決まっている!」というプジティブな確信もありました。

でも一度流産を経験した私は周囲の反応が聞こえるまでは、やはりまだモニターを見きれないので、夫の反応を見て、モニターに顔を向けると、背骨が人間らしく発達しているのが見えました。これは、もはや胎児!

「そうか・・・この子はちゃんと育っている。ちゃんと生まれてくる。この子をちゃんと育てなければ。」

と急に責任感を感じました。

ただ、先生には

「いつもそんなに顔色が悪いの?何を食べていますか?飲み物は?」

と矢つぎ早に質問され、

葉酸B9とつわり用の薬「つわりがひどく、吐いてしまうので、1時間に100cc位づつ、少量に分けて食べています。いつも貧血気味で、体調が良くないので、寝てばかりです。」

というと、体力をつけるために、朝鮮人参入りのビタミン剤を飲むように処方して下さいました。

飲めるのはアクエリアスとカフェイン抜きコーラだけだと言うと、

砂糖が入っているものは、中毒症の原因になるから良くない。水にレモンか、何か好きなフルーツの果汁を少し混ぜて飲むようにしなさい。」

と言われました。

時々、つわり中にオロナミンC等で体力をつける・・・などの話を聞く事がありますが、あれって、カフェイン入ってますよね?今のところ、異常があった話は聞きませんが、一応気をつけた方が良いと思います。

少し前に、日本では東尾理子さんが遺伝検査をするかどうかで、世論から非難の嵐が巻き起こされていましたが、遺伝検査と言っても、最初から何も羊水を採取する訳ではありません。

子供のことに関して、責任ある親が真剣になるのは当然のこと。

それに妊婦さんなんだから、もっと大らかに見てあげても良いのでは、と思いました。

YOSHIさん(出産時40歳)