腰が痛そうな妊婦さん

スポンサードリンク

妊娠中の腰痛は、多くの妊婦さんが抱える悩みの一つです。妊婦さんの7割前後が、腰痛に悩まされるとか。

このページでは妊娠中の腰痛の原因と解消法をまとめました。
(※産後の腰痛についての記事:産後の腰痛対策まとめ

  • 腰痛がひどく、歩けない・・・
  • 腰痛で動けない・・・
  • 腰痛で起き上がれない・・・

妊婦の腰痛パンダマは、腰痛というよりも全身の関節全体が痛い、と言っていましたけど、特に腰痛に関しては、寝ている時がつらそうでした。

というのは、5ヶ月から6ヶ月になると、お腹も大きくなってくるので、圧迫されたり引っ張られたりで、どうやって寝たらいいのか、分からない!

という状態になるようです。

これは、お腹の赤ちゃんにとってもよろしくないことで、妊娠中の横たわり方は、横向きが良いと言われています。

妊娠中の腰痛は、大別して
立って歩くとき、座るとき
寝るとき、起きるとき

の2つの辛さがありますので、それぞれについて原因と対策をまとめてみました。

歩くとき、座るときの腰痛の原因と解消法

妊娠中に突然腰痛になってしまったり、もともと腰痛持ちだった方が、妊娠して更に悪化する場合があります。

妊娠中の腰痛の主な原因としては、

  1. 姿勢の悪さ
  2. 体重の増加、胎児の成長による重心の移動
  3. 骨盤をゆるめるホルモンの影響

があります。

反り身の姿勢1と2は、関連が大きく、もともと姿勢が悪かった方は、妊娠して体重が増え、腰椎への負担が増すと、さらに腰痛がひどくなります。


またお腹が大きくなるにつれて、バランスを取るために背骨が反り気味になりますので、同様に腰椎に負担がかかります。

原因の3番目は、リラキシンという骨盤を緩めるホルモンで、出産に向けて必要な変化です。

このホルモンが、骨盤だけでなく各関節に作用し、関節の痛みを引き起こすと言われています。

腰痛に加え、お尻(左右の臀部)が痛くなる場合も、リラキシンが影響している可能性もあります。

立位、座位での腰痛対策は?

妊娠時の体の変化は、個人個人でかなり違うため、ある人に効果的だったとしても、別の妊婦さんにはまったく効果がなかった、ということが多いです。

ですので、ご自身の状況、痛み具合などから、試行錯誤されるしかないと思います。

以下、体験談等や質問サイトの回答を元に、立っている時、座っているとき、歩行時の腰痛対策・解消法をまとめました。

トコちゃんベルトを使う

 妊娠による骨盤の緩みが原因であれば、トコちゃんベルトが腰痛改善に役立つかもしれません。
実際に、ネット上の口コミを見ると、トコちゃんベルトをまず試されている妊婦さんも多いですが、効果については、かなり個人差があるようです。

妊婦さん用のトコちゃんベルトは、ⅠとⅡの2タイプがありますので、ご自身の症状をし
っかりと見極める必要があります。

姿勢を正す

姿勢を整える 背骨だけで体重を支えているような立ち方を普段していると、腰椎に体重が乗ってきますので、骨をつなぐ関節、軟骨がすり減って、腰痛になってしまいます。

背筋をすっと伸ばし、腹筋と背筋で体を支えるようなイメージを持ってみましょう。

立ち姿は習慣化しているので、なかなか改善しにくいかもしれませんが、常に腰に負担をかけないよう、カッコ良く立つことを意識してみてください。

整体、鍼灸、カイロプラクティック

 整体や、鍼(はり・針)を打ってもらって、腰痛が軽くなった、という話もあります。
パンダマも、鍼灸院で鍼を打ってもらっていました(が、改善しなかったとのこと)。
妊娠中であることを告げて、相談してみましょう。

対処療法

産科や整形外科に相談すると、湿布薬を処方されて終わり、ということが多いかと思います。

それでも、「湿布を貼ったら楽になった」とか、「温めたら腰痛が改善した」というコメントもちらほらありました。

ただ、ご自身で湿布を購入される場合には、絶対に気をつけなければならないことがあります。
湿布薬の中には、妊婦の使用を禁じているものがあるからです。
(ボルタレン、インドメタシン、ケトプロフェンが成分に配合されているもの)

必ず、用法をお守りください。医師に相談するのも安心ですね。

市販薬で妊婦さんの禁忌成分を使用していない製品では、天然成分を使った糾励根があります。

練り薬なので、写真のようなシートに塗って湿布として使うことができます。

ちなみにパンダマは、先に上げた鍼治療の他、骨盤ベルト(トコちゃんベルトではない)、腰痛体操を行っていましたが、大きな効果はなかったようで、騙し騙し生活しているような感じでしたね。

睡眠中の腰痛と腹痛の原因と対策

寝れない妊婦寝るとき、起きるときの腰痛も妊婦さんの大きな悩みの一つです。

腰痛が原因で、眠れない、すぐに目が覚めてしまう、寝返りがうてない、といった悩みも出てきます。

腰痛だけではありません。
ベッド、布団に横たわると、大きくなったお腹が引っ張られるような、腹痛にも見舞われるので、寝るのが辛い、起き上がるのが辛い、眠りが浅い、という妊婦さんは多いのではないでしょうか。

睡眠時の腰痛の原因としては、物理的に大きくなったお腹に沈み込もうとする力が働くため、普段は真っ直ぐな背骨が曲がってしまうのです。

更に血行が悪くなることにより、足のしびれ、だるさなど、二次的な症状も現れます。

寝ている時の腰痛、腹痛の改善、解消法は?

楽な姿勢で寝る

シムス体位まずは楽な体勢で寝ることが重要になります。

睡眠中の基本的な体制は、左側を下にして、横向き~うつ伏せに近い形に寝ること(シムスの姿勢)です。

腹帯を巻く

横向きに寝るほうが良いのですが、この時、お腹が垂れ下がるような形で、却って痛い場合があります。

特に妊娠中期から後期、6ヶ月・7ヶ月を過ぎたあたりから、かなりお腹が重くなりますので、辛いと思います。

この場合は腹帯(さらし)やサポートベルトを巻くことで、お腹が固定され、楽になります。

腰まくら・抱き枕

お腹が引っ張られるときには、お腹の下に枕やクッションを敷いてもよいでしょう。

足の付根が痛い時や、腰痛対策としては、だき枕も効果的です。
横向きに寝て、片足を抱き枕にかけることで、腰への負担が減らせるからです。
→ (参考)抱き枕を使った妊娠中のマイナートラブル解消法

マットレスを変える

そもそも、普通の布団やベッドのマットレスは、妊婦さんにとっては腰部分が硬すぎる、ということが言えます。

妊婦さん専用のマットレスを敷くことで、腰痛や不眠が解消されることも多いです。

おすすめは、布団やベッドの上に敷くだけで使えるエンジェルサポートマットです。
エンジェルサポートマットの効果について、詳しくまとめた記事がありますのでご参照ください。

いかがでしょうか。

一口に腰痛といっても、寝ている時の痛みと、立っている時、歩くときの痛みで負荷の原因が変わってきますので、それぞれ対策されることが良いかと思います。