整腸サラダ

スポンサードリンク

妊娠前は便秘とは無縁だった私でしたが、妊娠中は便秘がちになり困りました。
色々考えてみたところ、妊娠前は食べることが好きで栄養のバランスを気にしつつも様々な物を食べていた記憶があります。

それが、つわりが始まってからはあまり食べられる物が無かったり、そのわりにフライドポテトが無性に食べたかったりと食生活が一変してしまったことにも原因があるように思います。

妊娠中に便秘になるとただでさえお腹に違和感があるのに、更に張ったりして、これは便秘の張りなのか子宮からくる張りなのか…なかなか悩ましい痛みも出てきてしまい不安になったりしました。

私は薬に頼りたくなかったので、原始的な方法を試みました。

まず、りんごを食べました。りんごは整腸作用に優れていて、下痢の場合でも便秘の場合でも有効です。
食物繊維であるペクチンを多く含んでいるため、腸内環境の改善に最適な食べ物なのです。特にりんごの皮の部分にペクチンが多く含まれているので、キレイに洗って皮ごと食べるようにすることがポイントです。

便秘解消にツボ押し


次に、便秘解消のツボを押しました。

便秘のツボこのツボはお尻にある尾てい骨の横方向、お尻の中央部分にあります。
便秘でなくても少し強めに押すとビリビリと痛みがあるくらい、痛いツボです。
(※パンダパ注:長強。他にも便秘のツボはいくつかあり)

くれぐれも妊婦さんは無理をせず、加減を調節してマッサージしてみてください。

余談ですが、赤ちゃんも便秘がちになる時期ってありますよね。
そんな時にはこのツボを刺激してあげると効果があります。私の息子は効果がありました。
いざという時の為に覚えておくとよいと思います。

もしどうしても解消しない場合は、先生に相談してみるのも一つの方法かと思います。産婦人科の先生ならば、妊娠中でも安心して服用することができる薬を処方してくれると思いますし、何より余計なストレスを感じなくて済むのならそれが一番です。

つわりなど比較的軽くて食事が出来る方は、食物繊維や水分に気を付けてバランスの良い食事を心掛けるだけでも大分違うと思います。

ひまわりさん(出産時30歳)