私の不注意から妊娠中に自宅の階段から脚を滑らせてしまいました。
怪我もなかったのですが、徐々にお腹の張りを感じました。

夜中になり、あまりのお腹の張りにおかしいと感じてすぐに病院を受診しました。
なんと微弱陣痛が起きていたのです。

スポンサードリンク

このとき私はまだ8カ月の後半でしたから、出産まではまだまだあります。おなかの赤ちゃんもまだお外に出るには早すぎます。

すぐに入院が決定!しかも絶対安静!点滴を腕にしたまま寝がえりすることもできず2週間を過ごしました。
今思いだしてもかなりつらい入院期間でしたね。

辛いことを先生や助産婦さんもわかっているので心のケアもしてくれました。
でもすべて赤ちゃんのため。
お腹がはったままだと赤ちゃんの苦しくて息ができないからと自分に言い聞かせて乗り切りましたよ。

ただ私は体質的にはりやすかったようで、2週間の入院後やっと退院しましたがその後10日ほどでまた入院。
次は絶対安静ではありませんでしたが、歩行などは禁止。

医師のもとに診察に行くときも看護士さんが車いすに乗せてくれました。初めての体験だらけでしたね。

39週になったので退院しましたが、退院したその日の夜には陣痛が始まりました。
お腹の張りを薬で抑えていたので、薬が切れてお腹の張りが定期的に着てしまったのです。

それまで入院していたのでとりあえずシャンプーしてから病院へ行くとすでに子宮口が6センチも開いていました。その後はあっという間のスピード出産です。

痛みも感じる間もないほどでした。
出産前は怖いな、痛いんだろうなといろいろと考えていたのですが、痛みを我慢する時間もないほどあっという間の出来事に、出産後の妊婦さんのようなぐったり感もなく、やたらと元気でしたよ。

一人目でこんなにスピード出産なのだから、2人目のときにはかなり早く病院に来なければならないよ!と病院のスタッフの人たちからくぎを刺されるほどでしたよ。

けみちゃさん(出産時26歳)