男性の精子は、毎回作られるのに対し、女性は生まれつき卵巣内に持った原始卵胞をある意味「消費」していることになります。

卵巣内に残った卵子の数(卵巣予備能)が、妊娠の機会に関係しているわけですが、この卵巣予備能と、相関を持つホルモンがAMH(アンチミューラリアンホルモン)です。

つまりAMHの値を測ることで、卵巣予備能を推測することが可能となります。
卵

AMH検査でわかること・わからないこと

スポンサードリンク

わかること

妊活中、特に不妊治療中の女性が、今後の妊娠の計画を立てる際に参考になるのがAMH検査(抗ミュラー管ホルモン検査)です。
卵巣予備能を知ることで、不妊治療が続けられる期間が予測できます。

残りの卵子が多いか少ないかで、出来る治療の選択肢も変わってくるため、より適切な治療スケジュールを組むことが出来ます。

また20代や30代の方で、いつか妊娠して子供を産みたい・・・と考えている方。
すぐに必要性を感じないとは思いますが、閉経の時期は人それぞれですし、自分が考えているよりずっと早く閉経を迎えるかもしれません(早期閉経)。

検査を受けておくことで、近い将来に備えることができます。

例えば、仕事を優先するのか、出産を優先するのか?
といった重要な決断をする際に、有力な指標になります。

わからないこと

AMH検査を受けたからといって、妊娠しやすさ(妊娠率)はわかりません。
年齢とともに、卵子の老化は進みますが、AMHの値は、年齢とも卵子の質とも関係がないからです。

AMHの値がとても低い方でも、自然妊娠することはあり得ます。

逆に、年齢と卵子の質は相関関係がありますので、子供を望む方が30代後半ともなれば、急いだほうが良いです。

あなたにも元気な赤ちゃんが授かる!”妊娠成功”無料メール講座


私たち夫婦は、40歳近くになりやっと子どもを授かりましたが、
それは東洋医学の先生に、あるアドバイスを受けて実行したからです。

シンプルすぎて、むしろ気にも止めないようなことでしたが…半年後に妊娠に成功(^^)

このメール講座では、僕達が教わったことをより具体的に
教えてくれてます。無料です。