パンダマは娘が5ヶ月に入り、そろそろ離乳食を考えています。
始めるにあたって、いくつか心配事があるのですが、助産師の川島智世先生がズバリ答えてくれていた動画が参考になりました。

離乳食を始めるタイミングは?

- 5ヶ月からはボチボチ、6ヶ月からはしっかりあげます。

(離乳食をあげる)時間帯に関しては、多くの離乳食の本が「10時にしましょう」と書いてありますが、10時ぴったりに上げることは難しいです。

では何時だったら構わないのかな?ということでは、食べたものが胃に入って、便として出るまでに4~5時間かかります。

そこで例えば食中毒とか、なにか離乳食を食べた時の反応があった時のことを考えて、午後2時までに与えるようにします。

病院は、午後6時まで開いてますので、何か合った時に対応ができるのが、午後2時ということです。
(午後5時まで受付の病院でしたら、午後1時までには、食べさせておくということになりますね)

スポンサードリンク

離乳食を食べてくれない時は?

母乳で育った赤ちゃんは、離乳食よりもおっぱいの方が大好きなので、なかなか離乳が進まない事例が多いです。

ただ食べないからといってあげないわけには行きませんので、焦らなくて構いませんから、あげる練習はしていく。

赤ちゃんの様子を見ながら、「食べないからあげない」のではなく、絶えず食べさせる努力はしていくことが大事です。

初期のポイントは?

初期に与える量は、最高50グラムです。
離乳食用のスプーンが5グラムなので、10さじで完了になります。

一口から、一杯一杯、一匙ひと匙から、上げていきます。

離乳食にする食材は?

芋系は全部OKです。サツマイモ、ジャガイモ、大根とかカブ。

魚に関しては、しらす干しは構いませんが、塩気がありますので湯通ししてから。

お豆腐もOK、お麩も大丈夫です。

もし、何も上げるものがなければ、お粥に、トッピングとして、

  • きなこ
  • すりごま
  • 粉チーズ
  • 青のり
  • かつお節

などをあげても構いません。

お野菜だけあげたければ、すりつぶす方法と、ミキサーに掛けてドロドロにする方法があります。